GOOD ENOUGH

好きなことについてぽつぽつ書いてます。自己満です。

ネット通販の悲劇

ほんとひさびさに書きます。ログイン状態さえも解除されてるレベルでひさびさにこのサイト開いた気がする。あれから19歳になって、大学2年生になりました。

 

 

この間起こったことについて。腹立つし、ほんとなんでこうなったんだろうって答えなんかないのにひたすら考えてしまう。愚痴といったら愚痴。ネット通販はこわいなっていうのを書きたかったのかな、それでひっさびさのブログ更新。

 

もうすぐで部活の演奏会が控えてるんです。そこで、衣装を2年生になったら自分たちで探して買うんです。3年生と2年生で計8曲のグループに分かれてて、曲ごとに衣装を選ぶんですけど色(と形)が被っちゃいけなくて。そのうち2年生の出す1曲は浴衣を着ることになってるから衣装とかあんま考えなくていいんですけどね。2年生は、3回生には気を遣うけど学年間では早い者勝ち、のはずなんですけど。

 

多分私のの属する曲が1番早く決まってたんですけどねー。白ベースに紫で。で、試しに1着買ってみようということで買ったらこれが悲惨だった。まず柄が違う。紫の小さな花柄だったのにわりと大きい青の花柄が届いた。青だと先輩の衣装と被るんですけど。丈も短いし。そしてなにより生地が薄すぎた。下地がなかった。白色のワンピースで。そしてスッケスケだった。上半身の部分は下になにか着ればいいけど、スカートの部分はどうするの。わりとぴっちりしてて、何かを下に着れる感じではなかった。「ビブス」「夏用カーテン」「子供用のワンピース」「もはやこれが下地」そのワンピースを形容することばたち。「コンプライアンスに引っかからないようにね」これ着てステージに出たら確実に引っかかるわ。先輩たちも安いのを狙いすぎて生地ぺらっぺらとか経験あるらしいけどさすがにここまではないって言われた。しかも安すぎるわけではないのにこれはひどいね、と。写真は結構分厚そうな生地のように見えたけどね。これはまあ私たちに非がないとは言えないけど、さすがに柄が全然違うのはちょっと。誰の目に見ても違う。これは着れないということで、変えるしかなく。

 

そして追い打ちをかけるように、私たちより後に衣装を出したところ(2年生)がまさかの赤紫で微妙にかぶせてきた。届いたら悲惨だったワンピースに紫のボレロを羽織ることを決めてて、ボレロも試しに買ってたからその紫のボレロを活用した新しい衣装にしたかったのに。紫はなんか横取りされてた。そりゃ、色変えるのは私たちのなってしまうでしょ。どっちにしろ衣装選び直しなんだから。それで誰も使ってないカラーでいいのを探すのが大変だった。私はピンクがどことも被らなくて、柄があった方が曲に合いそうだからピンクの花柄がよかった。でもピンクだけは嫌だと激しく抵抗され、柄も好きではないと別の人に抵抗され。私は普段の服でも柄がない服にはアクセサリーを絶対に添えたくて、でも舞台上で演奏中はアクセサリーつけれなくて、だからこそ柄のあるのがよかった。この辺のすべての折り合いがついてたのがあれだったのに。届いてみたらひどかった。選び直しはしんどさしかなかった。なんで。一度決まったのに。あんなに早くに決まってたのに。どうしてこうなっちゃったんだろ。通販こわ。前から服は絶対本物を見て、着てから買おうって決めてたけど。それがより強くなった。衣装は値段的にネットで買わざるをえないけど。みんなまたあんなんじゃないかっておびえてる。色はオレンジにしようということでおちついたけども。はぁぁぁぁ。